囲碁本(棋譜や全集)や将棋本(棋譜や全集)の「囲碁名人戦全記録 第1期~第40期【囲碁本買取】囲碁名人戦全記録 第1期~第41期」の買取なら「囲碁本・将棋買取.com」。「囲碁名人戦全記録 第1期~第40期【囲碁本買取】囲碁名人戦全記録 第1期~第41期」なら、新品でも中古品でも高値で買い取ります。買取価格も掲載!もちろん全国対応!

  1. 囲碁本・将棋本買取.com
  2. 囲碁本・将棋本 買取品目一覧
  3. 囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(朝日新聞)

囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(朝日新聞)(囲碁本)の買取

更新日:2020/04/14

囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(朝日新聞)(囲碁本)買取 ¥買取価格をお問合せください

買取価格は商品の状態によって変動する場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

お持ちの商品の状態で、買取価格を問い合わせる

囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(朝日新聞)(囲碁本) について

game_igo  
囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(全巻)の買取をいたしております。

囲碁名人戦全記録は、1977年に第1期が発売されてより、毎期ごとに発売されており、2020年2月現在で、第44期まで発売されております。名人位は江戸時代から昭和初期までは、9段がそのまま名人とされましたが、1962年に囲碁の実力制名人戦が創設され、初期は読売新聞社が、1976年からは朝日新聞社の主催となりました。こちらのシリーズは、1976以降の名人戦の記録となりますね。

囲碁の名人位は、多くの棋士が目指す最高位のタイトルと申し上げても過言ではありません。実力制に移行して以来、時代を代表する岸によって争奪されるてきた名人位。そのタイトルを巡って、これまでに多くの死闘が繰り広げられてまいりました。こちらの囲碁名人戦全記録 は囲碁碁名人戦の歴史をそのままに網羅した内容で、約40年にわたる激闘の歴史を堪能できます。また、タイトル戦で繰り広げられた囲碁の戦術・戦略の歴史にも触れることのできるシリーズとなっております。

★囲碁名人戦全記録 第42期では、国民栄誉賞を受賞した井山裕太が、高尾伸路名人に挑戦しております。昨年は名人戦に敗れて、7冠から転落した因縁の対戦。その他のタイトルはすべて防衛に成功し、再度の全タイトル独占に挑み、見事に奪還を果たした内容をすべて記録しております。著名人の観戦に寄せる熱き文章に、写真なども豊富に掲載して、第42期の名人戦を余すところなく記録しております。また、第43期では井山名人がライバルの張栩九段と再び名人戦で対戦しており、最終局までもつれ込んだ熱戦の記録でとなります。

囲碁記録集である囲碁名人戦全記録をお持ちでしたら、より高額となりますので、その他の囲碁関連の書籍とご一緒の買取をおススメいたしております。、ぜひ囲碁本買取専門店の当店までお問い合わせいただき、買取をご検討ください。

●買取方法は簡単3ステップ!

1.問い合わせて
2.申し込みをして
3.発送するだけ!!
お手持ちのシリーズを、当ホームページより買取価格をお問い合わせください。
当店より折り返し大まかな買取価格をお知らせします。
高値買取なら当店まで!!

★参考動画

買取価格を問い合わせる

囲碁名人戦全記録 第1期~第44期(朝日新聞)買取条件

  • 全巻揃っており、全ての付属品が完全に揃っていること。
  • 箱等に汚れ、へこみ、退色等の損傷がないこと。
  • 特典等がある場合は、その特典等も全て付属すること。

※ご注意
囲碁名人戦全記録 第1期~第40期【囲碁本買取】囲碁名人戦全記録 第1期~第41期の実際の買取価格は、商品を確認させいただいてから確定となります。市場価格の変化や商品の状態によっては買取価格が変わってまいりますので、上記の価格よりお安くなる場合もあります。事前にご了承ください。
なお、買取価格の査定額は価格提示後3日間有効となります。

こんな場合にはお問い合わせを!!

  • 全巻が揃っていない。
  • 箱が一部潰れたり、変色したりしている。

などなど、このような商品でも買取が出来る場合もありますので、ぜひ一度お問い合わせください。

買取価格を問い合わせる

Copyright (C)2013- 囲碁本・将棋本買取.com All rights reserved.